バイオメディカル情報解析学

応用情報科学専攻

バイオメディカル情報解析学 D13 Division of Biomedical Information Analysis

  • 長﨑 正朗 教授 (Prof. Masao Nagasaki)
  • 小島 要 講師 (Senior Assis. Prof. Kaname Kojima)
研究キーワードバイオインフォマティクス、データマイニング、スーパーコンピュータ

バイオメディカルビッグデータ情報解析

本研究室は、ゲノム情報などのライフサイエンス分野における超大規模ヘテロデータに対し、情報科学・数理統計学の知識を基にスーパーコンピュータを活用して解析を行い、新たな知識を発見するための研究を行っています。十年前の国際ヒトゲノムプロジェクトでは、各国の多数の研究者が数千億円以上かけ、ヒト一個体分に相当するリファレンスゲノムを解読しました。現在、個々人をターゲットとし、少量の血液から簡便に短時間でパーソナルゲノムを決定できる時代を迎えつつあります。それに伴い、ゲノムの他オミクス情報やそれに付随するバイオメディカル情報(医療情報、アンケート情報、生理学検査情報)、すなわち超ヘテロビックデータを解析するための技術革新が求められています。いままさにデータ駆動型サイエンスへのパラダイムシフトを迎えています。このデータに切り込むにあたり、当分野は、情報科学、バイオインフォマティクス、数理統計学、集団遺伝学、分子進化学などを専門とするスタッフ陣が連携し研究を推進しています。各学生の興味に応じた大規模計算技術、データ解析、統計モデリング、効率的なアルゴリズム開発、ソフトウェア開発などの研究指導を行い、情報科学の立場からライフサイエンスへの貢献を目的とした、ビッグデータを自在に解析できるデータサイエンティストを育成します。