情報通信ソフトウェア学

応用情報科学専攻

情報通信ソフトウェア学 D07 Applied Intelligence Software

  • 菅沼 拓夫 教授 (Prof. Takuo Suganuma)
  • 阿部 亨 准教授 (Assoc. Prof. Toru Abe)
  • 和泉 諭 特任准教授(研究) (兼任) (Assoc. Prof. Satoru Izumi)
研究キーワード人間調和型情報通信基盤、サイバー・フィジカルシステム、現実/仮想空間融合、IoT/エッジネットワーク管理、知的画像処理

人間調和型情報通信基盤技術の研究開発

現在の情報通信システムは、クラウド、インターネット、各種センサ、エッジネットワーク、小型携帯端末などを含めた多種多様な要素によって構成された大規模で複雑なシステムとなっている。こうした情報通信システムを人々が日常生活の中で効果的に活用できるようにするためには、利用者中心設計の考え方を越えた新しい設計パラダイムに基づくシステム構成論が必要である。本研究室では、人・社会・環境を構成する多様な主体が高度に相互連携する新たなコミュニケーション環境の実現を目指した研究開発を進めている。

具体的には、情報通信システムを構成する多様なコンピュータ、デバイス、ネットワーク、ソフトウェア等の有効活用を図るため、各構成要素をエージェントとして構造化することで各々に能動性を与え、それらの自律的な協調・連携により人間・システム双方にやさしいサービスを提供する「人間調和型情報通信基盤」について研究を行っている。特に、サイバー・フィジカルシステムのための設計開発方法論とネットワークミドルウェア、グリーン指向ICT、現実空間と仮想空間の感覚的融合、災害に強い情報通信システム、マルチメディア情報資源の知的処理技術、スマートシティ等に関する研究を進めている。