メディア文化論

人間社会情報科学専攻

メディア文化論 C14 Media and Culture

  • 堀田 龍也 教授 (Prof. Tatsuya Horita)
  • 坂田 邦子 講師 (Senior Assis. Prof. Kuniko Sakata)
研究キーワードメディア、コミュニケーション、カルチュラルスタディーズ、メディアリテラシー、情報リテラシー、メディア教育

急速に情報化する社会を支えるメディアのあり方を検討する

情報技術の発展により、社会は急速に情報化しています。
新しい情報技術によって次々と新しいメディアが台頭する今日、私たちは情報の賢い消費者であると同時に、自らメディアに関わって、健全なメディア社会の構築者となる必要があります。私たちが暮らすメディア社会と文化のあり方や、人々が持つべきリテラシーとその教育について検討することが喫緊の課題となっています。
 
本研究室では、急速に情報化する社会を支えるメディアのあり方を学術的に検討するために、(1)批判的な視点、(2)実践的な姿勢、(3)協調的な対話を重視しています。そして、(A) 現代のメディア社会およびメディア・コミュニケーションにおける歴史、思想、文化、アート、デザイン等に関する研究と、(B)メディアや情報に対するリテラシーおよびその教育と育成支援に関する研究の2つに力点を置いて研究を進めています。
 
本研究室では、これまで蓄積されてきたメディアや文化、教育に関する多くの知見や哲学を紐解きつつ、メディア社会の今日の様相を踏まえ、社会の問題を研究し、研究成果を社会に還元していくようなオルタナティブな研究を重視しています。実践と理論の融合、デジタルとアナログの融合、あるいは異なる立場や見地の融合を前提に、メディアという流動的で影響力の強い研究対象に真摯に向き合っていきたいと考えています。