空間計画科学

人間社会情報科学専攻

空間計画科学 C11 Transportation and Geographic Information Science

  • 桑原 雅夫 教授 (Prof. Masao Kuwahara)
  • 井上 亮 准教授 (Assoc. Prof. Ryo Inoue)
  • 三谷 卓摩 研究特任助教 (Assis. Prof. Takuma Mitani)
研究キーワード高度道路交通システム(ITS)、交通流解析、交通制御、空間情報科学、空間統計解析

高度な都市・モビリティマネジメントを実現するためのセンサデータ・時空間情報の融合・解析・可視化

本分野は、桑原研究室と井上研究室から構成されています。

桑原研究室は、災害・渋滞・環境などの諸問題の解決やより高度な交通体系を実現するために、観測データに立脚した研究を理論・実証の双方から展開しています。特に、時々刻々と変化する交通現象を"ダイナミック"に解析し、現象の本質を明らかにしていく点、多様なセンサ情報を融合活用する点が特徴です。具体的には、従来の車両感知器に加え、プローブ車両,GPS携帯,Bluetooth,Twitterといった移動体データ,および気象や地形データなどを積極的に融合活用する方法論を構築するとともに、実用的な研究へと展開しています。その例は、災害時の交通モニタリング,我が国地方部やアジア諸都市などインフラセンサー整備が進んでいない地域の交通モニタリング,ソーシャルネットワークにおける情報伝播,ITS先進モビリティマネジメントなどです。

井上研究室は、時空間情報の解析・共有手法の開発に取り組んでいます。市民が地域の将来像を議論し合理的な意思決定を下す基となる、地域の過去から現在までを記録した詳細かつ膨大なデータが、近年利用できるようになっています。当研究室は、時空間情報の解析手法の開発を通して、「市民がデータを利用した地域の現状分析を基に将来を議論できる環境」を整備し、より良い地域づくりへと貢献したいと考えています。