情報システム評価学

システム情報科学専攻

情報システム評価学 B08 Design and Analysis of Information Systems

  • 徳山 豪 教授 (Prof. Takeshi Tokuyama)
  • 全 眞嬉 准教授 (Assoc. Prof. Jinhee Chun)
  • Korman Cozzetti Matias 助教 (Assis. Prof. Korman Cozzetti Matias)
  • Diez Donoso Santiago 研究特任助教 (Assis. Prof. Diez Donoso Santiago)
研究キーワードアルゴリズム理論、計算理論、離散数学、計算幾何学、データマイニング

数学と理論計算機科学を活用した高品質な情報システム設計

本研究室の研究テーマは、数学および理論計算機科学を基盤技術として用いることにより、高品質な情報システムを設計することである。

インターネットの急速な普及に代表されるように、情報システムによる問題解決は、もはや現代生活に欠かせない。情報システムの効率や利便性、安全性の保証には数理的なモデル化と解析によるシステム評価が必要である。これに対し、理論的解析を無視した情報システム設計は不便であり、場合によっては危険ですらある。例えば、近年身近に用いられているインターネットのキーワード検索においても、有用なウェブページの評価手法、高速検索のための索引手法、情報整理のためのクラスタリング手法など、数多くのシステム設計において数学的なアイディアが大きな変革を生んできている。

本研究室では、計算とシステム設計における数理的な基礎理論、特に計算幾何学や組合せ最適化の理論、離散数学などの分野においてトップレベルの研究を行なっている。応用としては、データマイニング、画像・地理情報処理、インターネット解析、機械学習などが挙げられる。理論計算幾何学分野が網羅する幅広い研究領域において、学生一人一人の興味に合った研究指導を行う。