広域情報処理論

情報基礎科学専攻

広域情報処理論 A17 Environmental Informatics

  • 工藤 純一 教授 (Prof. Jun-ichi Kudoh)
研究キーワード画像融合処理、大気汚染可視化、森林火災、CO2削減

衛星画像処理による地球環境問題への応用研究

本研究室は環境情報科学の学術体系の構築を目指し、地球環境課題について情報通信技術を取り入れた研究開発を行っています。研究戦略としてロシア科学アカデミーとモスクワ大学との国際共同研究の体制をとり、国内研究機関も参画する共同研究を実施しています。

これまでに、多数のスペクトルデータから構成する衛星画像を解析するために3次元ヒストグラムを開発しました。この方法を多次元化に発展させ、大気汚染や黄砂抽出などのエアロゾル抽出により信頼性の高い成果を得ています。

現在は、森林火災から発生するCO2削減システムに関する研究に取り組んでいます。これまでの研究は火災から発生する熱を火災として検出していましたが、火災初期の煙の検出に挑んでいます。また、画像データベースは1990年から毎日のノア画像をホームページから提供し、毎年330万件以上のアクセスがあります。さらに、中国からのPM2.5を含む越境大気汚染衛星画像データベースを公開(https://tapsidb.cneas.tohoku.ac.jp)しています。既に、2,700名以上の利用者がおります。研究室ではMODIS, MTSAT, NPPの直接受信も行っています。その他、解像度1mクラスの衛星画像を対象とした融合画像処理の研究も展開しています。

 
主な研究テーマ
  1. 森林火災から発生するCO2削減システムに関する研究
  2. 高分解衛星画像の融合処理研究
  3. 大規模衛星画像データベース構築
  4. 衛星画像を用いた中国からの大気汚染・黄砂の可視化