高性能計算論

情報基礎科学専攻

高性能計算論 A15 High Performance Computing

  • 滝沢 寛之 教授 (Prof. Hiroyuki Takizawa)
  • 後藤 英昭 准教授 (Assoc. Prof. Hideaki Goto)
  • 江川 隆輔 准教授 (Assoc. Prof. Ryusuke Egawa)
研究キーワード高性能計算、プログラミングモデル、スーパーコンピュータアーキテクチャ、文字認識、高度・広帯域ネットワーク

高効率高性能計算の実現に向けて

高性能計算論講座では、次世代超高性能スーパーコンピュータシステムを実現するハードウェアおよびシステムソフトウェアの基本要素技術の確立と、スーパーコンピュータシステムの卓越した情報処理能力を最大限に引き出せる革新的なアプリケーションの設計・開発を中心に研究を進めています。
 
(1) 高性能計算のためのプログラミングモデルと支援ツール
複雑化した計算システムの性能を最大限活用するためのハードウェア構成を強く意識したアプリケーション記述はプログラマにとって非常に難解です。このため、プログラマが容易に記述できて高い性能を発揮できるプログラミングモデルと支援ツールについて研究しています。
 
(2) 次世代スーパーコンピュータアーキテクチャ
大規模化・複雑化の進むスーパーコンピュータの開発では高い性能だけでなく、少ない消費電力、高い信頼性が求められています。そこで、高い信頼性を保ちながら、高性能、低消費電力を実現する次世代のスーパーコンピュータアーキテクチャに関する研究を進めています。
 
(3) 高度・広帯域ネットワークに関する研究
コンピューティング要素の架け橋となる高度・広帯域ネットワークの実現のため、公衆無線LANのユーザ認証方式やセキュリティ対策、相互利用(ローミング)環境、耐災害ネットワークの研究を行っています。