コミュニケーション論

情報基礎科学専攻

コミュニケーション論 A14 Communication Theory

  • 木下 哲男 教授 (Prof. Tetsuo Kinoshita)
  • 北形 元 准教授 (Assoc. Prof. Gen Kitagata)
  • 高橋 秀幸 助教 (Assis. Prof. Hideyuki Takahashi)
研究キーワードサイバーウェア、エージェント/マルチエージェント、知識型コミュニケーションサービス、利用者指向/知的ネットワーキング、エージェントシステム

人間とシステムの協働とコミュニケーションの支援

社会の隅々まで浸透してきた多様なネットワーク環境、また、ネットワーク、センサ機器などを利用して構築される情報システムは、人々の日常生活や仕事を支援するだけでなく、新しいライフスタイルや社会を生み出してゆく上で重要な役割を担うシステムとして期待されている。人々にとって身近で、扱い易く、また、有能なパートナーとして、人々と互いに協力・連携しながら、人々によるコミュニケーションや創造的な活動を能動的に支援する知的システムの構築が重要な課題である。本研究室では、人々とシステムがメンバとなって活動する情報環境をサイバー社会と呼び、サイバー社会を支える情報基盤のコンセプトとしてサイバーウェアの概念を提案し、人々と知的システムの協働に立脚したサイバー社会を支える新しい情報基盤や知識型ソフトウェア、知的コミュニケーション環境の実現に向けた研究に取り組んでいる。また、分散環境上の家電、センサ、ロボットなどのInternet of Things (IoT)デバイス群に、エージェント技術を適用したエージェント型IoT(AIoT)のシステム・コンセプト、Human-Agent Collective (HAC)に基づく協働支援、自己産出型分散ネットワークの基礎的研究とネットワークシステムの自律的な性能管理手法、沿岸部地域向け避難誘導支援などの実現を目指している。