数理情報学

情報基礎科学専攻

数理情報学 A05 Mathematical Informatics

  • 大関 真之 教授 (Prof. Masayuki Ohzeki)      
  • 工藤 和恵 准教授 (Assoc. Prof. Kazue Kudo)    
  • 奥川 亮 特任助教(研究) (Assis. Prof. Ryo Okugawa)      
  • 西川 宜彦 特任助教(研究) (Assis. Prof. Yoshihiko Nishikawa)
  • 荒井 俊太 特任助教(研究) (Assis. Prof. Shunta Arai)  
  • 小林 円 特任助教(運営) (Assis. Prof Madoka Kobayashi)
研究キーワード量子コンピューティング、量子アニーリング、情報統計力学、機械学習、スパースモデリング、量子機械学習

常に新しく、ちょっと変わったことを。情報統計力学で確実なアルゴリズム・確実な応用を

情報科学の中で理論的な研究スタイルをとり、数理科学や物理学の知見を生かし、情報統計力学の醸成、量子機械学習の発展、量子計算の応用を目指します。
近年では機械学習やデータサイエンスの発展がめざましいところです。
ただ応用するだけではなく、じっくりとその背景にある数理を眺めると、異なるアルゴリズムや異なる分野で、実は同じことが横串の概念になっていることが多々あります。
それを理解することに喜びを感じるのが我々です。
宇宙を眺め、自然を愛し、科学を夢見た子供の頃の思い出と、科学技術の発展を知り、世の中の役に立ちたいと願った皆さん。世の中に役立つアルゴリズムや計算方法、解決方策そのものも世界を彩る宇宙と考えることもできます。
そうであれば自然科学のアプローチである物理学の手法、それを翻訳するのに役立つ数理的な枠組みで、社会に役立つ方法を一網打尽に理解できるのです。
最新の量子コンピューティングも含め、既存のデジタルコンピューティングも、その背後にある原理から普遍的な構造を理解することができます。この理解は、最後には役に立つ現実的で新しい方法を生み出す源泉となります。
そうした態度で社会とつながる自然科学、社会に役立つ思想を学問するのがこの研究室です。
論文を書いたり、学会で発表したり、さらにその経験や研究成果を生かして、スタートアップを創業したり、連携したり、大企業との産学連携まで。ちょっと他では味わえない体験をしませんか?