北村研究室の大山貴史さん(博士前期課程修了生)らの論文が情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文に選定されました

情報コンテンツ(北村)研究室の大山貴史さん(博士前期課程修了生)、高嶋和毅助教、浅利勇佑さん(博士前期課程修了生)、北村喜文教授が情報処理学会論文誌Vol. 58, No. 5(2017年)で発表した論文「自律移動・変形する壁型ディスプレイの設計と実装」が情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文として選定されました。特選論文は、論文誌ジャーナル及びJIP(Journal of Information Processing)に掲載の論文より、多くの研究者が参照すべき論文に対して与えられるもので、表彰状が送られるとともに、毎年度の論文賞選定の候補にもノミネートされます。